ゴミの処分のしかた

家庭・業務用ごみ処理にかんするWEBサイト

ゴミの処分のしかた header image 2

業務用生ごみ処理機は菌体基材は年に1回脱臭素材はおよそ1~2か月に1回の取り換えが必要

2014年02月18日 by wpmaster

初期費用なのですが、メーカーや機種によるのですが、これは電気代と逆に乾燥式のほうがバイオ式より10000円~15000円ほど安くなってくるのが、生ごみ処理機にはありますが、さらにかかってくる費用にはバイオ式には微生物が入った基材が必要となります。

これらすべてを累計してみれば、結果的にバイオ式のほうが乾燥式よりランニングコストが15000円ほど安く抑えられるといったことがわかるでしょう。そして、かかるランニングコストを比較してみれば堆肥式<消滅式<乾燥式といったことになるのです。また、業務用生ごみ処理機を設置していくにあたりきがかりなのは、菌体基材や脱臭素材の交換や、それに清掃と言ったメンテナンスでしょう。そしてとくにバイオ式はメンテナンスが必要不可欠なのですが、業者や機種によりアフターケアの定期点検にメンテナンスを含むところも増えていますが、業者に頼らない時は自分でしないといけないのです。

そしてある業務用生ごみ処理機は菌体基材は年に1回脱臭素材はおよそ1~2か月に1回の取り換えが必要になっています。

タグ : コメント(0)

コメントする

コメント(0)

コメントはまだありません。