ゴミの処分のしかた

家庭・業務用ごみ処理にかんするWEBサイト

ゴミの処分のしかた header image 2

バイオ式と乾燥式の2つを組み合わせたハイブリットタイプの処理機

2014年02月18日 by wpmaster

バイオ式と乾燥式の2つを組み合わせたハイブリットタイプの処理機もあります。そして、自治体が収集している一般ごみの中で、特に生ごみは水分量が多いと言ったことの理由で、輸送や焼却にコストがかあってくるといわれています。そして一部の自治体が家庭用生ごみ処理機の導入に補助金を出すようにしているのもこうした背景があるためです。そしてエコロジーに対して人の姿勢が変わってきたといったことも導入が進む要因として挙げられているのです。そして輸送に無駄なコストをかけていくより、少ないランニングコストで気軽に生ごみ処理ができるとそれに越したことはないでしょう。そして、電気代を比較してみればバイオ式のほうが乾燥式より安く済ませられて、これは処理の仕方によるものであり、堆肥化式に使われているエネルギーの大半がかきまぜ作業に利用されているのに対して、乾燥式は文字通り熱で乾燥させるといったことにあるためなのです。ですが、消滅式は堆肥化式の家庭からさらに分解を促進させていくので、その分コストがかかってくるのです。

タグ : コメント(0)

コメントする

コメント(0)

コメントはまだありません。