ゴミの処分のしかた

家庭・業務用ごみ処理にかんするWEBサイト

ゴミの処分のしかた header image 4

川崎市粗大ゴミ処理センターでゴミ処分

2017年01月17日 by wpmaster
コメント

トラックで回収に来る業者に頼んだことがありますが、無料で引き取りますとアナウンスしているのに実際にものを見せると1000円ですとか2000円ですとか適当な感じに値段を言われて引き返せなくて提示されたお金を払って持って行ってもらったことがあります。それよりも行政のほうは自分で大きさを計れば値段も決まっているし、今の行政は親切で、物が指定場所にないと、ありませんが忘れてませんかと親切に教えてくれます。ネット口コミ(粗大ごみ回収24時)などでも不用品処分業者には注意がでています。一番安心できるのは行政だとつくづく思いました。

タグ : コメント(0)

業務用生ごみ処理機

2015年10月11日 by wpmaster
コメント

ゴミサーは環境対策への強い取り組みがあって、故障の報告が少なく、メンテナンスフリーです。そして臭いや音がしませんから、時間を問わず処理できます。また、デザイン性に優れており、住宅密集地でも設置ができます。そして各製品それぞれに魅力的なポイントがあるのですが、どこも帯に短し裸に長しで、これだけのポイントをこんなにも抑えているといったことはまさにゴミサーのみでしょう。そして業務用生ごみ処理機の導入を考えている方は消滅式を、そして消滅式タイプを導入するのであれば、トーホで購入できるゴミサーがいいでしょう。そして、日常生活をしていて、業務用の生ごみ処理機を目にしたことがあるといった方もおそらく少ないでしょうが、特別目立ったデザインをしていると言ったことではありませんから、生活でにおいが少ないタイプであれば、使っている方以外、その存在に気が付かないといったことがたくさんあるのです。そうしたことで実際に導入前に見ておこうといったことがあってもなかなか見つけられないといったことが現状でしょう。

タグ : コメント(0)

保育園は給食やおやつを調理えどうしても大量の生ごみが出る

2014年07月17日 by wpmaster
コメント

生ごみ処理機ゴミサーを導入して園児たちが果物栽培をしていると言った口コミがあった保育園を潜入レポートしてみますが、生ごみ処理機ゴミサーを導入して液体肥料を作り出して色々な効果を得ている保育園があったといったことを口コミで見て訪問を決めました。乳児から幼児といったお子様たちが通っている保育園は給食やおやつを調理して提供していますが、そのためにどうしても大量の生ごみが出るのです。
たとえば敬老の日にプレゼント会をやったとすると凄いことになります。
横浜市は不用品回収業者に依頼してみた方がよいと思います。そして、生ごみは臭いも気になってもしも放置したごみが原因で病気が発生し、集団感染になれば大量の生ごみを回収されるまで放置してしまえば、衛生面で心配はつきものなのです。そしてそうした問題を解消するために、この保育園は生ごみのリサイクルを実施しています。そして、色々な方法を調べたみたいですが、最も簡単な生ごみ処理機ゴミサーを利用して見ることにしたのです。そして、このメリットは生ごみが発生した都度処理機に投入していくだけでいいといったことや、継ぎ足して投入もできてごみを補完するといったことがないのです。

タグ : コメント(0)

ゴミサーがとても人気

2014年02月18日 by wpmaster
コメント

業務用生ごみ処理機ですが、もしも決められたサイクルで交換や清掃をしなければどうなるでしょう。菌体基材や脱臭素材の交換を怠ってしまえば機械はスムーズな運転ができなくなって、しっかりとした機能や行為かを得られないのです。そして、余分な電気代を消費してしまって、コストが高くなってしまう可能性もあるのです。そしてメンテナンスフリーの業者もたくさんありますから、時間のない方はそうしたところの生ごみ処理機を選んでみればいいでしょう。

そして、今沢山の種類の業務用生ごみ処理機が販売されているのですが、わたしなりに調べてみたところ、消滅式がもっとも環境と導入者にとってやさしいタイプだといったことがわかりました。

なぜならば堆肥を再利用するといったことが難しい企業や私設にとって完全生ごみを消去できる方式はとても魅力が高く、乾燥式よりランニングコストも安いといったことは大きなメリットなのです。そして消滅式の中ではゴミサーがとても人気ですが、全国に対応しており、保育園やホテルなどに導入先の実績が数多くあるのです。

タグ : コメント(0)

業務用生ごみ処理機は菌体基材は年に1回脱臭素材はおよそ1~2か月に1回の取り換えが必要

2014年02月18日 by wpmaster
コメント

初期費用なのですが、メーカーや機種によるのですが、これは電気代と逆に乾燥式のほうがバイオ式より10000円~15000円ほど安くなってくるのが、生ごみ処理機にはありますが、さらにかかってくる費用にはバイオ式には微生物が入った基材が必要となります。

これらすべてを累計してみれば、結果的にバイオ式のほうが乾燥式よりランニングコストが15000円ほど安く抑えられるといったことがわかるでしょう。そして、かかるランニングコストを比較してみれば堆肥式<消滅式<乾燥式といったことになるのです。また、業務用生ごみ処理機を設置していくにあたりきがかりなのは、菌体基材や脱臭素材の交換や、それに清掃と言ったメンテナンスでしょう。そしてとくにバイオ式はメンテナンスが必要不可欠なのですが、業者や機種によりアフターケアの定期点検にメンテナンスを含むところも増えていますが、業者に頼らない時は自分でしないといけないのです。

そしてある業務用生ごみ処理機は菌体基材は年に1回脱臭素材はおよそ1~2か月に1回の取り換えが必要になっています。

タグ : コメント(0)

バイオ式と乾燥式の2つを組み合わせたハイブリットタイプの処理機

2014年02月18日 by wpmaster
コメント

バイオ式と乾燥式の2つを組み合わせたハイブリットタイプの処理機もあります。そして、自治体が収集している一般ごみの中で、特に生ごみは水分量が多いと言ったことの理由で、輸送や焼却にコストがかあってくるといわれています。そして一部の自治体が家庭用生ごみ処理機の導入に補助金を出すようにしているのもこうした背景があるためです。そしてエコロジーに対して人の姿勢が変わってきたといったことも導入が進む要因として挙げられているのです。そして輸送に無駄なコストをかけていくより、少ないランニングコストで気軽に生ごみ処理ができるとそれに越したことはないでしょう。そして、電気代を比較してみればバイオ式のほうが乾燥式より安く済ませられて、これは処理の仕方によるものであり、堆肥化式に使われているエネルギーの大半がかきまぜ作業に利用されているのに対して、乾燥式は文字通り熱で乾燥させるといったことにあるためなのです。ですが、消滅式は堆肥化式の家庭からさらに分解を促進させていくので、その分コストがかかってくるのです。

タグ : コメント(0)

業務用生ごみ処理機

2014年02月17日 by wpmaster
コメント

業務用生ごみ処理機を設置することで、業者によってはすでに導入しているほかの施設を見学させてくれる場合があって、実際に尋ねてみれば疑問点などが解消できますから、時間があれば行ってみればいいでしょう。そして専門業者が生ごみ処理機を設置してくれます。そして、業務用生ごみ処理機による処理方法は大きく分けて2つあり、1つ目はバイオ式でこれは微生物の力を借りて生ごみを分解していく方法ですが、堆肥化式と消滅式がああこれに当たるのです。また好気性微生物が有機物を酸化分解するといったことをメカニズムとしており、最初は堆肥の状態ですが、さらに分解が進めば最終的に二酸化炭素と水になるのです。そして消滅式はこれを応用したタイプであり、これによって分量が減ってくる以外に、においもほとんどなくなるのです。そして2つ目がヒーターや温風で水分を蒸発させ減量させていく方法であり、これを乾燥式と呼び、バイオ式は微生物の力をかりることで生ごみを分解し、乾燥式はその逆で、熱で微生物を殺すといったことでごみを減少させていきます。

タグ : コメント(1)